2018年12月14日更新
高齢者 冬場のリスク 対策

冬場の介護はリスクだらけ!?高齢者が陥りやすい症状と対策まとめ

冬場に行う高齢者介護で気をつけるべき事と対策を紹介していきます。 在宅介護をしている方や介護士さんの参考になれば幸いです。

25
0

ヒートショック

まず気をつけるべきなのは、「ヒートショック」です。
急激な寒暖差により血圧が急変したことなどにより、失神、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こすことがあります。

ヒートショックは入浴時に多く発生します。
暖房していない脱衣室や浴室で体全体を露出すると血圧が急激に上がるため、脳卒中や心筋梗塞の原因となり得ます。
また、いったん血圧が急上昇した状態で浴槽の暖かいお湯につかると、今度は血圧が急降下し失神することもあるのです。
浴室内で失神すると浴槽で溺水することも少なくありません。
浴槽での溺水は家庭内事故の中でも重篤化や死亡につながりやすく、特に高齢者は注意が必要です。
厚生労働省の調べによると、2014年には約4900人が家庭の浴槽で溺死しています。この死者数は2004年と比較すると、約1.7倍に増えており、その約90%が65歳以上の高齢者で、75歳以上の人たちの増加が目立ちます。
引用元:www.imairumo.com(引用元へはこちらから)

ヒートショックは浴室だけではなくトイレでも起きますし、寒い家、つまり居室は暖房で暖かい部屋か
ら寒い廊下に出たときなどでも起きますので注意が必要です。
洗面所、浴室はパネルヒーターや浴室乾燥暖房機などを利用し、廊下を含め家全体を適温に保つ工夫が必要です。

感染症

冬場は感染症にかかりやすい時期です。
特にインフルエンザやノロウイルス、ロタウイルスなどが流行しやすい時期のため、感染予防は欠かせません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

冬場に特に気をつけたい感染症は、季節性インフルエンザやノロウイルスによる感染性胃腸炎・食中毒などです。季節性インフルエンザは毎年11月下旬~3月頃に流行し、ノロウイルスによる感染性胃腸炎・食中毒は11月~2月頃に多く発生します。

感染症を予防する

ご高齢者はインフルエンザやノロウイルスに感染すると重篤化しやすいので、しっかりと予防をすることが重要になります。ノロウイルスについては、感染力が非常に強く、また感染してもワクチンがなく、治療も対症療法に限られます。石けんを使いしっかりと手洗いすること、人からの感染を予防すること、カキやアサリなどの二枚貝を食べる際は、中までしっかり加熱して調理すること、調理器具等は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)を用いて消毒することを心がけましょう。
引用元:www.azumien.jp(引用元へはこちらから)

脱水

意外かもしれませんが、冬場にも脱水症状は起こります。
汗をかかないため気づきにくいのですが、乾燥しているために皮膚や呼気から知らないうちに水分を失っているのです。
更に、高齢になると体内の水分量が減ること、また感覚機能が低下しているために、喉が乾いていることに気づきづらかったり、飲み物を飲んだかどうかも忘れ長時間水分摂取をしないままという場合もあります。
また、感染症による嘔吐や下痢による脱水もあります。
本人が気付きづらいため、周囲の人が気づいてあげることが大切です。

脱水症状のサインを以下のとおりです。

●軽度

皮膚の乾燥が見られます。唇がカサカサしていたり、口の中が乾燥していたりする場合は、脱水症を疑う必要があります。また、通常であれば汗で湿っているはずの脇の下が乾いた状態になっているときも要注意。手の甲の皮膚をつまんだ後にすぐ戻らない場合や、爪を押してから色がすぐに戻らないときも、乾燥しているサインです。
脱水症のサインは行動にも表れます。ボーッとしたり、「傾眠傾向」といわれるうとうとしている状態が頻繁に見られたりするようであれば、脱水症を起こしている可能性があります。そのほか、めまいやふらつきなどの症状が出ていたり、手足の末端が冷たくなっていたりするときも、血流が悪くなっている証拠なので、注意深く観察してください。

●中度

軽度の状態から症状が悪化すると、頭痛や吐き気などを訴えるようになります。
また、体の水分量が不足し、汗や排尿の量が減るため、トイレの回数をチェックしてください。
さらに、体から水分が抜けたことによって体重が減少したり、嘔吐や下痢など、明らかな体調異常が見られたりすることもあります。

●重度

症状がさらに進むと、話しかけても反応がなくなり、意識がもうろうとしたような状態になる場合があります。ひどいときは、意識を失ったり、体の痙攣が起こったりします。
引用元:www.irs.jp(引用元へはこちらから)

水分補給のポイント

まず1日に1~1.5リットルを目安として、飲料から水分を摂取するようにしましょう。汗をかいた場合や、運動をした時はさらに多くの水分の摂取が必要になります。
水分は一気に摂取すると尿として排出されてしまうため、少量ずつあまり間隔をあけないようにこまめに摂るようにしてください。起床時、入浴の前後、就寝前、運動の前後など時間を決め、1日の中で8回程度に分けて摂取するのがお勧めです。
しかし、緑茶やコーヒーなどのカフェインを多く含んでいる飲み物は利尿作用が高いため、水分摂取用の飲料に向きません。水分不足を効率よく補うためには、水や白湯が好ましいと言われています。冬は体を冷やしやすいので白湯を選ぶのがお勧めです。
また、飲料だけでは飽きてしまうという場合には、ゼリーや果物で摂取するという方法もあります。ゼリーや果物は水分を多く含んでいるため、デザートとして取り入れてみましょう。
引用元:www.nexuscare.co.jp(引用元へはこちらから)

軽度、中度の場合は、水や白湯よりも経口補水液を飲ませると良いです。
市販のものを利用すると良いですが、手元に無い場合は作ることもできます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

【速報】2019センター試験の解答速報&反応まとめ!!

2018/1/19、2019年(平成31年)大学入試センター試験の第1日目が終了...

【冬休みで子供達のイベント】阪急交通社クーポン最大10000円をお得に!

冬休みは、一般的に12月下旬から1月上旬までです。クリスマスやお正月などの祝日も...

冬場の介護はリスクだらけ!?高齢者が陥りやすい症状と対策まとめ

冬場に行う高齢者介護で気をつけるべき事と対策を紹介していきます。 在宅介護をして...

知って得する?様々な日常雑学・トリビア集

実際に日常生活に使うかはともかく、知ってなるほどと思うような、おもしろおかしな不...

様々な動物の知って得する雑学

知ったところで本当に得するかはわかりませんが、知って納得な身の回りに見かける動物...

【行政書士試験解答速報2018】平成30年度行政書士試験解答速報 今年は「例年よりやや難」

行政書士は、行政書士法第1条の2、第1条の3の規定に基づき、他人の依頼を受け報酬...

アクセスランキング

【手荷物検査】USJで入園前の手荷物検査が開始!!飲み物等が持ち込みできない??

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンで本日の14時頃から手荷物検査が開始されま...

【不正行為発生?】2019センター英語ヒアリングで奇妙な生き物「変な声出て不正行為になるとこやった」

2019年センター英語試験のヒアリング一問目で「羽の映えた野菜のキャラクター」を...

【闇写まとめ】JUMPツアー「SENSE or LOVE」闇写真まとめ【閲覧注意】

Hey!Say!JUMPのアリーナツアー「Hey!Say!JUMP LIVE T...

【芸能人目撃】山里亮太(山ちゃん)が高知よさこい祭り・桂浜水族館・金高堂書店で目撃される

【芸能人目撃】山里亮太(山ちゃん)が高知よさこい祭り・桂浜水族館・金高堂書店で目...

【現地画像】大阪 岸和田 台風21号被害 現地の様子「ココイロ岸和田店潰れてる」「府民センター崩壊」

「ココイロ岸和田店潰れてる」「府民センター崩壊」「停電」「倒木」「屋根が飛んだ」...

【プラモの聖地エラヤ】水没商品を90%オフで販売!現地の様子まとめ【追記】プラモの聖地閉店へ

模型ファンの聖地と呼ばれる倉敷市真備町川辺の「エラヤ」が、西日本豪雨で水没した商...

まとめ作者