2021年03月27日更新
雑学 漢字 熟語

漢字文化ならではの五字熟語

漢字文化のある日本語ならではの、熟語の中でも長めで、文字の並びだけでかっこいいような五字熟語の数々をご紹介。

33
1

かっこいい五字熟語が色々

四字熟語の陰に隠れて目立ちませんがステキな熟語がたくさん。

温良恭倹譲(おんりょうきょうけんじょう)

おだやかで、すなおで、うやうやしく、つつましく、ひかえめなこと。孔子が人に接する態度を評していった言葉。

白無垢鉄火(しろむくてっか)

表面はおとなしそうに見えるが、内実はたちの悪い者。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

十重二十重(とえはたえ)

ものが何重にも重なること。

騎士道精神(きしどうせいしん)

中世のヨーロッパで、騎士階級の人間が模範とした精神のこと。
騎士たる者としての忠義の他、貴婦人への献身も説かれている。

武士道精神(ぶしどうせいしん)

武士階級における道徳体系。武士社会の道が確立された。それは主君に対する絶対的服従と忠誠を基本的理念としながら,農工商三民に対する治者としての精神,行動を強調するものであった。
武士としての基本的な考え方に義、勇、仁、礼、誠、名誉、忠義がある。

白髪三千丈(はくはつさんぜんじょう)

長年の憂いが重なって白髪が非常に長くのびることを誇張していった言葉。心に憂いや心配事が積もることのたとえ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

希代不思議(きたいふしぎ)

めったに起こらないような不思議なこと。世にもまれなこと。また、そのさま。

糠味噌女房(ぬかみそにょうぼう)

家事に追われ所帯じみてしまった妻。また、自分の妻をへりくだっていう語。

非理法権天(ひりほうけんてん)

非理法権天(ひりほうけんてん)は、近世日本の法観念を表しているとされる法諺。
非とは道理の通らぬことを指し、理とは人々がおよそ是認する道義的規範を指し、法とは明文化された法令を指し、権とは権力者の威光を指し、天とは全てに超越する「抽象的な天」の意思を指す。非理法権天の概念は、儒教の影響を強く受けたものであるとともに、権力者が法令を定め、その定めた法令は道理に優越するというリアリズムを反映したものであった。

参考

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

その他の新着

【人身事故発生!】「えぐいことになってる」大阪メトロ御堂筋線 なんば駅で人身事故

大阪メトロ御堂筋線 なんば駅で人身事故がおきました。それに関するツイッター上のユ...

【事故】関越道上り花園IC付近で事故「バイクが車2台に挟まれる事故で右二車線規制により渋滞」

E17関越道 上り線 寄居PA~花園IC間の56.9KP付近における 事故処理は...

阪急宝塚線で人身事故 「撮り鉄が亡くなった」との目撃情報がSNSに投稿される

10:10頃、池田駅で発生した人身事故の影響で、阪急宝塚本線は豊中~宝塚駅間の運...

絵本作家「のぶみ」が五輪参加 「障害児は親を選んで生まれる」発言、教師いじめなど問題行動多数

東京オリンピック・パラリンピック文化プログラム「MAZEKOZEアイランドツアー...

【解答速報】2021年7月 第二種電気工事士 難易度は?問題の答えは? 

2021年7月に行われた第二種電気工事士に関するまとめです 合格基準、予備校等の...

【解答速報】2021年7月 弁理士 難易度は?問題の答えは? 

2021年7月に行われた弁理士に関するまとめです 合格基準、予備校等の解答速報の...

アクセスランキング

【人身事故発生!】「えぐいことになってる」JR神戸線 尼崎駅で人身事故

JR神戸線 尼崎駅で人身事故がおきました。それに関するツイッター上のユーザから複...

【人身事故発生!】「えぐいことになってる」名鉄名古屋本線 前後駅で人身事故

名鉄名古屋本線 前後駅で人身事故がおきました。それに関するツイッター上のユーザか...

【人身事故発生!】「えぐいことになってる」大阪メトロ御堂筋線 なんば駅で人身事故

大阪メトロ御堂筋線 なんば駅で人身事故がおきました。それに関するツイッター上のユ...

【火事】東京都世田谷区代沢4丁目12番付近で火事発生!

2021年7月25日(日曜)東京都世田谷区代沢4丁目12番付近で火事が発生した模...

【炎上】転売ヤー擁護発言のホビージャパン編集担当に退職処分!取締役、編集長ら3人は降格!!

ホビージャパン編集部は7月24日、同社に所属する編集者がSNSで転売行為を容認す...

【人身事故発生!】「えぐいことになってる」京急本線 井土ヶ谷駅〜弘明寺駅で人身事故

京急本線 井土ヶ谷駅〜弘明寺駅で人身事故がおきました。それに関するツイッター上の...

まとめ作者