2020年09月25日更新
ニュース 愛知 ヒアリ

【悲報】愛知県でヒアリの女王数十匹を発見

以前話題になった毒を持つ危険な外来生物であるヒアリ。最近話題に出なくなり、日本には定着できなかったと見られていた矢先の衝撃です。

184
1

まさかの大量のヒアリ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヒアリとは

ヒアリ(学名・Solenopsis invicta、別名・アカヒアリ、火蟻)とは南米大陸原産のハチ目(膜翅目)・アリ科・フタフシアリ亜科に属するアリの一種。世界の侵略的外来種ワースト100選定種で、特定外来生物にも指定されている。英語名は“Red imported fire ant”、単に“fire ant”と言う場合、トフシアリ属のアリ全般を指すこともある。

主にアルカロイド系の毒と強力な針を持つが、人間が刺されても死ぬことはまれで、痛み・かゆみ等の軽度の症状や、体質によりアレルギー反応や蕁麻疹等の重い症状が出る場合もある。命の危険があるのは、アレルギー症状の中でも特にアナフィラキシーショックが起きる場合で死亡することもある。そのため殺人アリと呼ばれることもある。
出展:Youtube

女王50匹 ヒアリ「定着」の脅威

小泉進次郎環境大臣が東京・お台場の児童館を訪れた映像です。 小泉大臣が子供たちに向けて訴えたのは強い毒を持つ「ヒアリ」についてでした。 今、政府はこのヒアリの ...

出展:Youtube

猛毒ヒアリ調査!いたるところに痕跡が!?謎の女王アリを捕まえた!?

日本中がパニックに・・・ 猛毒ヒアリの犠牲がここまで・・・ 女王アリ探索、ヒアリ調査 そして謎の女王アリを捕獲しました 音源:Copyright All Right Reserved 1998-2015 ...

出展:Youtube

【閲覧注意】ヒアリの脅威【火蟻】瞬く間に獲物を喰い尽くす

通常、生きたカエルが捕食されることはありませんが、 何らかの切欠で動けなくなったカエルにヒアリの毒が 加わって追い討ちを掛けたのだと思います。 みるみるうちにカエル ...

出展:Youtube

いちから解説! 「殺人アリ」ヒアリの生態は?

朝日新聞社の動画の改ざんや、許可なく商用・営利目的で利用することを禁じます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ニュースの新着

【北朝鮮】今日も朝から弾道ミサイルを発射していた

2022年10月6日 木曜日。朝から弾道ミサイルを発射していたらしいです。最近は...

【毎年恒例】『紅白歌合戦』2年ぶりにNHKホールで開催

『第73回NHK 紅白歌合戦』を12月31日19時20分から11時45分まで、総...

【白い粉】県外客に大人気! 讃岐うどん「谷川米穀店」の店主が大麻で逮捕で臨時休業

香川県まんのう町にある人気うどん店の店主が、大麻草を所持していたとして大麻取締法...

【東京五輪汚職事件】KADOKAWAが会見を行った

東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で起訴された角川歴彦被告は出版大手「KA...

【月収の3割】統一教会にこんな事件まで起こってまで今後も献金する理由は?

統一教会の 新基準である 年収の1/3というのは かなり大きな額とています。 そ...

【悲報】サイズを間違えたドミノピザ、作り直したピザに大量のハラペーニョを載せてしまう

ドミノピザがピザのサイズを間違え、作り直したピザに大量のハラペーニョ(ハラピニオ...

アクセスランキング

【解答速報】2022年10月 ビル管理技術者(建築物環境衛生管理技術者) 難易度は?問題の答えは? 

2022年10月に行われたビル管理技術者に関するまとめです 合格基準、予備校等の...

【人身事故発生!】「救急車もブルーシートも来てるし」近鉄奈良線 額田駅〜石切駅で人身事故

近鉄奈良線 額田駅〜石切駅で人身事故がおきた模様です。 Twitter上では、現...

【速報】東京・足立区 1階建て住宅で火災 1人救出も1人逃げ遅れた可能性 

東京消防庁によりますと、きょう午後1時半ごろ、東京・足立区興野にある1階建て住宅...

【人身事故発生!】「電車止まった」 近鉄天理線 二階堂駅〜前栽駅で人身事故

東武スカイツリーライン 五反野駅で人身事故がおきた模様です。 Twitter上で...

大手まとめサイトの「痛いニュース(ノ∀`)」、更新ストップ! 何が起きたのかネットで騒ぎに

2022年8月17日 大手まとめサイトの「痛いニュース(ノ∀`)」が話題になって...

【解答速報】2022年10月 1級土木施工管理技術検定 難易度は?問題の答えは? 

2022年10月に行われた1級土木施工管理技術検定に関するまとめです 合格基準、...

まとめ作者